郷土自慢の逸品が揃う!東北の産直セレクトショップ、ハイネットショップ〜じもの市場〜

会員ページ

・登録情報の変更
・注文履歴の確認
会員登録メルマガ登録
会員登録でポイント付き
よくあるご質問
お買いものガイド
お支払方法・配送
全商品送料無料
(又は送料込
・沖縄除く)

東北の郷土自慢の逸品が揃う産地直送通販サイト

営業時間 9:00〜17:30(定休日:土・日・祝日)電話番号:0178-20-8041



坂下商店

坂下商店

国内でも有数の漁獲高を誇る青森県八戸市。その八戸を代表する食の市場八食センターを創業当時から支える老舗の魚屋さんです。 八戸港をはじめ近海の三沢漁港や北海道からの新鮮な魚介類を扱っています。当店には大きな生け簀がありますので活魚も品揃えしています。 まだまだ、元気に店頭に立つ社長夫妻とすっかり現場の責任者としてお店を支える大黒柱の息子さんご夫婦、ベテランの男性スタッフ数名と、息子さんの娘さん達も一緒に店頭に立ち三代に渡りお店を運営されています。

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

| 1 | 2 | 3 |    次のページへ

.
| 1 | 2 | 3 |    次のページへ
小さいトゲクリガニでも身肉はずっしり入っています

>>>>>>>>> 商品のご注文はコチラから <<<<<<<<<

三陸産天然ほや

>>>>>>>>> 商品のご注文はコチラから <<<<<<<<<

平蟹

>>>>>>>>> 商品のご注文はコチラから <<<<<<<<<

生うにむき身

>>>>>>>>> 商品のご注文はコチラから <<<<<<<<<

たこ内臓道具汁セット
活毛ガニ

>>>>>>>>> 商品のご注文はコチラから <<<<<<<<<

ホッキ貝 八食センター目利きの魚屋 坂下商店の生真鱈 坂下商店の岩ガキ アンコウ鍋セット

>>>>>>>>> 商品のご注文はコチラから <<<<<<<<<

坂下商店って…

プロにも認められた信頼の証しをご紹介します。
以前、大手酒類メーカーの方が出張ついでにたまたま坂下商店から干し魚を買い、持ち帰って食べた 後、今度は他の社員を10 人くらい連れて来られました。あまりの美味しさに、サントリーが経営す る和食のダイニングバー「響」で提供するメニューとして取引をしたいと直接申し出がありました。 今では都内にあるサントリーの十数店舗の高級店に自慢の目利きで厳選したほっけを週一で100 枚以 上発送しています。

いらっしゃい

昔気質の職人魂

卸す魚の種類を増やして欲しいと依頼があっても、年中通して同じような高品質のものを納めることができないと予測される場合は、こちらからお断りすることも。先方に迷惑がかかることだけは絶対にしたくない! 社長の責任感を表す信頼に足りる一本筋の通った職人気質が垣間見えました。

地元応援

職人を応援!

社長はあるとき、都会で店を経営している青森県や東北出身の方を応援したいと考えました。自分の 店から鮮魚を送るから、是非頑張ってほしいというメッセージをこめてPR 活動をしたのです。田舎 を離れ、都会で一生懸命店を切り盛りする多くの方の後押しに貢献できて、やってよかったと心から 思えたそうです。

九州まで!

九州から依頼が!

そのPR 活動で思わぬことまで起きました。青森の魚屋さんの情報を知った九州の方が自分の店でも 提供したいから魚を送ってほしいと依頼があり、これには社長も驚きを隠せませんでした。まさか関 東を超えて九州から依頼が来るとは。
博多湾や有明海・玄界灘と四方を豊かな漁場に恵まれた場所にありながら、およそ二千キロも遠く離 れた東北青森からわざわざ魚を仕入れるなんて聞いたこともないからです。 今までにその店の店主とは大分前にたった一度顔をあわせたことがあるだけです。 何十年か取引して、あるとき九州に行くことが決まった知人に、その店に行ってみてもらったところ、 その地元ではかなり有名な割烹だったと聞いてさらに驚いたとのことです。

一流店も絶大な信頼

地元有名店からの信頼

八戸市内の有名なレストランや割烹料理店さんとはかなり取引されています。 ぼてじゅう・グランドサンピア・市内主要結婚式場...名前をあげるとキリがないのですが、会社の 社長さんたちが接待で使うような名の通った名店がずらり。
有名店だから自慢なのではなく、自分の店から卸した魚で商売して、しかも繁盛していることが誇り となって自信に繋がるのだと自覚できます、 お客様の中には長いこと取引していても、他の卸会社などに乗り換えたりすること(社長はそれを浮 気と言います)も当然ありますが、結局は坂下商店の魚でないとダメだったと戻ってきたりします。 単価の面ではよくても他店の品物には満足がいかない、もう一度取引したいと頭を下げられることも あるんです、と。

八食センター

八食センター

市場

1980 年(昭和55 年)開業。当時の日本国有鉄道(国鉄)八戸線陸奥湊駅前で鮮魚などの小売を行っていた業者の一部が「協同組合八戸総合食品センター」(現・協同組合八食センター)を組織し、同地に移転開業。名称は開業当時の運営者の名称「八戸総合食品センター(はちのへそうごうしょくひんセンター)」の略称に由来する。観光客だけでなく、八戸近隣住民の胃袋を満足させてくれる大きな台所。連休などは、豊富な魚介類がお目当ての観光客を乗せた大型バスが列をなし、大いに賑わいをみせている。

八食センターというネームバリューは、地元の人が思っているよりも他県にかなり浸 透しているようで、お客様駐車場のナンバープレートからみてとれます。2002 年に念願の東北新幹線盛岡駅 - 八戸駅間開業に合わせて飲食棟が開業し、八戸駅からの「八食 100 円バス」運行開始などにより観光客の来訪者が軒並み増加しています。自分の好きな食材を買ったら、新鮮なうちにすぐに炭火で焼いて食べられる場所もあって隠れた人気スポットです。

    >>>>> すぐにご注文、商品一覧はコチラ <<<<<


インスタグラム 更新中
定期購入はこちら

注文専用電話:0178-20-8041
【 営業時間 】
平日9:30〜17:30
(土日祝定休日)

ポイント3倍
レビュー投稿してポイントプレゼント
青森県産ぶどう 冬でも食べられるぶどうや山ぶどうなど農園直送です
八戸前沖鯖 鯖の冷燻

よくある質問

ご注文や、りんごについての疑問はコチラをご覧ください。
よくある質問

会員募集中です

会員登録していただくと、ポイントがたまったり、会員限定の割引セールや、ギフト向け複数送付先情報の登録などの機能がご利用いただけます。
今すぐ登録(無料)

メールニュース

お得で旬なニュースをメールでお届けします。
メールニュースを購読[無料]

ギフトもラクラク

商品毎に複数お届け先への指定や、数種類の商品を複数のお届け先に振り分けが一度にできます。ギフトシーズンのオーダーにも便利です。
ケータイでもお買い物