郷土自慢の逸品が揃う!東北の産直セレクトショップ、ハイネットショップ〜じもの市場〜

会員ページ

・登録情報の変更
・注文履歴の確認
会員登録メルマガ登録
会員登録でポイント付き
よくあるご質問
お買いものガイド
お支払方法・配送
全商品送料無料
(又は送料込
・沖縄除く)

東北の郷土自慢の逸品が揃う産地直送通販サイト

営業時間 9:00〜17:30(定休日:土・日・祝日)電話番号:0178-20-8041

(冷蔵)青森県産 嶽きみ 20本入り[崎野農園]※発送は8月20日以降から

販売価格 5,500円(税込) 送料込み(沖縄は別途送料)
購入数

同時注文の際のご注意

  • この商品について問い合わせる

<配達日指定不可商品>

※天候により収穫が左右されるため、配達指定をお受けできません。
旅行・帰省などでご不在でお受け取りできない日時は、購入時に※お受取不可日※または備考欄へご入力お願いいたします。

例)受取不可 ●月●日〜●月●日 旅行で不在 など。

<出荷可能期間>
8月20日以降〜9月上旬ごろ

ご注文順に順次発送となります。発送の際はメールでご連絡いたします。

<発送後のキャンセルはできません>

商品の性質上、いかなる理由があっても「商品発送後」のキャンセルはお受けできません。

原産地
配送温度帯
サイズ
出荷可能期間
賞味期限
保存方法
最大梱包数

★嶽きみのおいしいゆで方★
ゆで方は簡単!沸騰したお湯にお塩をしょっぱいくらい多めに入れて、皮をむいたとうもろこしを入れます。10〜15分ゆでると出来上がり!!または、塩をまぶしてラップで包み、4〜6分程レンジで加熱してもおいしくできます!

※ゆであがったとうもろこしは空気に触れないように、すぐにラップに包むかビニール袋に入れて密封すると、長時間シワにならずに張りを保てます!

“嶽きみ”とは

SakinoNouen

ぷちっとはじける嶽きみ


崎野農園は先駆者

崎野農園の“嶽きみ”と通常の畑で収穫されたとうもろこしとの、甘さの違いと一粒一粒のはじける食感はひとかじりでわかります。弘前市郊外から岩木百沢方面へ向かい約1時間、岩木山神社を過ぎたあたりに“嶽きみ”の販売所が並ぶ、通称「嶽きみロード」。毎年、採れたてのあま〜い“嶽きみ”を求めて長蛇の車の列ができますが、数々の売店でも一番にぎわっているのが崎野農園の売店です。直接、お出でになれない方のために産地直送でお届けします。 ※岩木山麓、弘前市の嶽地区で作られたとうもろこしを「嶽きみ(団体登録商標)」といいます。「きみ」とは津軽弁でとうもろこしを指し、とうもろこし→とうきび→きび→きみ、という順に変化して生まれた言葉だと言われています。“嶽きみ”の特徴は他のとうもろこしと比べて圧倒的な甘さにあり、その糖度は平均で18度前後にもなります。

朝もぎ当日発送

SakinoNouen

岩木山から朝日

崎野さんが愛情をこめて普通のとうもろこしより日数をかけじっくり育てた“嶽きみ”は、収穫から発送までも最新の注意を払います。もっとも良い状態の実だけをお届けするため、“嶽きみ”の糖度が高くなる早朝に1本1本すべて手作業で手もぎします。まだあたりが暗いうちから畑に入り、その目で厳選して収穫した品をその日のうちに発送することで、鮮度抜群のおいしい状態でのお届けを実現しています。また、皮付きのまま“嶽きみ”専用箱に立てて入れることも、冷蔵便で送ることも鮮度にこだわった結果なのです。

ぷちっとはじけるさわやかな甘さ!

SakinoNouen

崎野農園かぶりつき

みずみずしいシャキシャキした歯ざわり、あとを引く飽きのこない甘味が“嶽きみ”の最大の特徴。その糖度は、メロンが平均15度、普通のとうもろこしが平均15度であるのに対し、嶽きみは平均18度、まれに20度になるものもあるというから驚きです。でもただただ甘いのではなく、ぷちっとはじける自然な甘さの中にとうもろこし本来の風味が共存する、さわやかな味わいのとうもろこしです。一度食べると忘れられない味になるために、とうもろこしの本場である北海道からもわざわざ直接購入にいらっしゃる方もいるそうです。もぎたてを生で食べるとフルーツのようにジューシーな“嶽きみ”、その甘みをぜひ一度食べてもらいたいです。(※お届けした“嶽きみ”を生で食べるのはお腹を壊す方もいらっしゃるのでおすすめしておりません。)

“嶽きみ(ダケキミ)”は“Only you”!?

SakinoNouen

崎野農園 完全防備

 夏は梅雨の影響が少なく比較的乾燥して気温が高いものの、冬は季節風の影響で西北西の風が強く降雪量が多いという日本海側特有の気候に加え、“嶽きみ”の名前の由来になった嶽高原は高地なため約10℃以上にも広がる厳しい寒暖差が一日の中にあります。そんな嶽高原での作業は雪のない約半年間の間にギュッと凝縮されており、崎野さんの毎日は“嶽きみ”ダケになります。9〜10月の土づくりに始まり、雪解けを待って5月中旬になる種まきも畑が広いのですべて植えるまでに約1か月かかります。6〜8月夏の強い日差しを受けてすくすくと成長し8月中旬にようやく収穫を迎えることができます。

崎野さんの“嶽きみ”畑は、見渡す限りの農地に隙間がないほど植えつけられていて一本一本の間は人がちょうど一人通れるほどの広さ。それは、主に風によって授粉するとうもろこしはほぼ他花受精のため、効率よく受精を行うため密集して植えているのだそうです。収穫のために農機具を入れることは難しく、手もぎでの作業になります。ピークになると2メートルをこすほどになる“嶽きみ”。その畑の中に入っていくとすくすくと育った葉が顔や体にあたるので、炎天下でもしっかり衣服をまとって作業をします。まるで“嶽きみ”の海に潜るような感覚かもしれません。

お届けまで

お届けイメージ


崎野農園 160x160

崎野農園

崎野農園3代目となる息子さんへ受け継ぐために本格的に始めた嶽きみ栽培は今年で30年あまり。津軽富士として有名な岩木山(標高1625m)の南麓、標高450mに位置する嶽高原に農家がわずか3〜4軒しかない時代から崎野農園はとうもろこしを生産していました。この地区でも有数の土地の広さを誇る崎野農園。見渡す限りのとうもろこし畑での作業は、機械が入らないくらいびっしりと植えられているとうもろこしの間を縫ってすべて手作業。おいしい"嶽きみ"のために汗びっしょりかくのも苦にならないという。土づくりにも、甘さののっている早朝の手もぎにもこだわっています。

この生産者の別の商品を見る

 ユーザーレビュー ご購入者様のお声!

この商品を買った人はこんな商品も買ってます

(冷蔵)青森県産 嶽きみ 10本入り[崎野農園]※発送は8月20日以降から

インスタグラム 更新中

注文専用電話:0178-20-8041
【 営業時間 】
平日9:30〜17:30
(土日祝定休日)

ポイント3倍
レビュー投稿してポイントプレゼント
嶽きみ予約受付開始!お早目に!
八戸前沖鯖 鯖の冷燻

よくある質問

ご注文や、りんごについての疑問はコチラをご覧ください。
よくある質問

会員募集中です

会員登録していただくと、ポイントがたまったり、会員限定の割引セールや、ギフト向け複数送付先情報の登録などの機能がご利用いただけます。
今すぐ登録(無料)

メールニュース

お得で旬なニュースをメールでお届けします。
メールニュースを購読[無料]

ギフトもラクラク

商品毎に複数お届け先への指定や、数種類の商品を複数のお届け先に振り分けが一度にできます。ギフトシーズンのオーダーにも便利です。
ケータイでもお買い物