玉芳農園
玉芳(たまよし)農園

春はさくらんぼ、夏は桃、秋からはリンゴ「はるか」「こうとく」「ぐんま名月」「サンふじ」などを栽培されている果樹専門の生産者です。南部町に農園を2箇所所有。先代は、45年以上前から果樹を取り扱っており県内でも有数のフルーツ産地である南部町でも数少ないベテランの農園です。現在は息子さんが、農園経営を継いで日々頑張っています。

玉芳農園

11商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
11商品 1-11表示
  • <
  • 1
  • >
11商品 1-11表示
  • < Prev
  • Next >

玉芳農園

玉芳農園のご紹介

南部町は青森県の南東、三戸郡の東側に位置し、中央部を馬淵川が流れています。川沿いに水田が広がり、丘陵地には、畑、果樹園、山林が続く自然豊かな所である。冷涼な山岳地帯と肥沃な川沿いの農地で作られる農産物は青森県内でも有名な農作物の産地に数えられている。
さくらんぼの栽培の歴史は古く、100年以上と言われています。桃の栽培も70年前後と言われている本州最北のフルーツ王国ともいえるでしょう。

農業王国 青森名久井岳

農業王国 南部町

肥料にはこだわっています!

フルーツは、甘さを出すのに苦労します。化学肥料を使えば甘さの管理は楽になるのですが、玉芳農園さんでは化学肥料を一切使わずにぼかし堆肥を使い栽培しております。
ぼかしを使うことで追肥の回数は増えますが、化学肥料とは違い、桃が持つ甘みをより引き出してくれるのだそうです。

玉芳農園は果樹一筋40年以上!

さくらんぼの生産で県内はもちろん全国的にも有名な産地の南部町。玉芳農園の歴史は古く40年以上のベテラン生産者の先代とその奥様が1本1本愛情を込めて育てて来た各種果樹の木が立派な根を下ろしています。果樹栽培に精通されて居るのがお話を聞いていると言葉の端々に滲み出てきます。手入れのゆき届いている果樹とその果樹を支える大地には結構な雑草が・・でもこれは手を抜いている訳では無く水分の調整、有機質の補給等、木の生育を良く考えた玉芳さんのこだわりの一つでした。

  • amazonpayでのお支払が可能になりました
  • 0178208041

  • ポイント3倍
  • 定期購入