ご注意下さい

佐川急便発送品。お支払方法:代引きは使用不可。

竹嶋有機農園
竹嶋有機農園

青森県南津軽郡の竹嶋有機農園は、「りんご生産者では知らない人は居ない」と言われる程、有名な生産者です。昔ながらの自然農法で、減農薬・化学肥料は使用せず、大切に育てています。りんごの生育の助けとなる虫等にやさしい農園です。無袋栽培なので、日光が多く当たり糖度も上がり、甘く美味しいりんごが収穫されます。

竹嶋有機農園

4商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
4商品 1-4表示
  • <
  • 1
  • >
4商品 1-4表示
  • < Prev
  • Next >

竹嶋有機農園

農薬を使わない栽培方法を確立

青森県南津軽郡の竹嶋有機農園は、「りんご生産者では知らない人は居ない」と言われる程、地元でも有名な生産者です。先代の竹嶋さんはそれまで手作業で受粉していたりんごを、「マメコ蜂」を使って受粉させることを地元生産者に普及させた事で有名です。
また、アオムシ対策に「ミカドドロバチ」を天敵として導入したりと、大変研究熱心な生産者で、先代の想いを受け継いだ息子さんは「さらに美味しくて安心して食べられるりんごを作りたい」と努力されています。
また、先代より続けているのがほぼ農薬を使わずにりんごを栽培する事。農薬を使わずにリンゴを栽培する事は不可能とされる中、その栽培法を確立した草分け的存在が竹嶋さんです。

竹嶋さん

草生栽培

石灰硫黄合剤、ボルドー、炭酸カルシウム、バイオマックス等はいずれも有機JAS 法で認定されている有機農法で使用できる農薬で、本来農薬使用回数にはカウントされないものとなります。表示義務もありませんが、防除暦として竹嶋有機農園さんは全て公表しています。雑草等も除草剤は一切使用せず、草刈り機で草を刈り、そのまま肥料にする草生栽培です。

害虫駆除も自然のちからを…

自然のちからを…

結実着果促進には、自然交配用マメコ蜂を放飼して受粉させ、害虫防除には誘殺液設置と天敵昆虫のミカドドロバチを放飼利用し、近年は性フェロモン剤(コンフェザーA)を取り入れています。コンフェザーA とは、メス害虫の性フェロモンを含んだチューブを枝にかけ、りんご園にその匂いを充満させてオスとの繁殖を抑える資材です。昆虫の生態をうまく利用したもので、農薬を使用しない害虫防除方法になります。自然の循環が出来上がった状態といえるのです。

シーズン到来を告げるりんご サンつがる

青森りんごの中でも、早く収穫できる品種で、シャキシャキの食感と程よい酸味、さわやかな甘みが特徴で、食べ飽きないのが嬉しいりんごです。地元でもシーズンを告げる りんごとして人気が高いのですが、早生種の特徴で日持ちがあまりしないと言った 欠点もあります。届いたら直ぐ冷蔵保管していただくと食感はある程度持続しますが ふじ等の晩生種と違いシャキシャキの食感が続く事はありません。

酸味と甘みの絶妙なバランス 紅玉

ふじ等の品種が出る前には主力品種として国内の多くの生産者が栽培、その名の通り艶やかな深紅のりんごで、やや小玉で酸味が強く、その酸味故後にふじ等の甘味の強い品種に押される理由となるのですが、アップルパイなど焼き菓子には最適品種のため、製菓用として根強い需要がありました。一時は生産する農家が減ったため幻のりんごとも言われていましたが、近年では、栽培を復活させる生産者も増えつつあります。
おススメなのは全体が色づいていてリンゴのお尻に黄色みがかっているもので、完熟していて甘みがあり、酸味とのバランスも絶妙です。

太陽の恵みでとっても甘い サンふじ

現在リンゴ生産者の多くが栽培している主力品種。味も食感も多くの人に支持されている品種。品種改良により着色系の枝変わりなどもすすみ 今では、大半がサンふじとなってきています。太陽の光をたっぷりと浴びて甘味が強くなるので、あえて見た目の色の良さよりも食べた時の美味しさを重視したサンふじが主流となりつつあります。竹嶋さんのサンふじは更に害の有る農薬等々を使用していないので、皮ごとふじの美味しさを味わえます。

歯触りも良く、果汁も多い 王林

ふじ、つがるに次いで多く作られている品種。青リンゴの代表的な品種でもあります。歯触りもよく、なんといっても甘味の強い品種で果汁の多い事でファンの多い品種でもあります。貯蔵性に優れているので、春先まで食べられる嬉しいリンゴモチロン、竹嶋さんの王林は皮ごと食べれるので、ご賞味下さい。

  • 定期購入
  • 今だけポイント6倍
  • ご注文はお電話からでも