たっこ産にんにく 上平農園
上平農園

 青森県内でもとくに有名なにんにくの名産地「田子町」で、30年以上にわたってにんにくを生産していた上平農園さん。夏は暑く冬は雪が多くて寒く、また一日の中でも寒暖の差が大きい、生産者泣かせのこの土地ではそれゆえに糖度が高くおいしいにんにくが育ちます。田子町はその名を有名にしたにんにくに対して最も厳しい規格を設けており、それ以上に基本を大切に試行錯誤を重ね、よりきれいなおいしいにんにくを育てています。

上平農園

11商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
11商品 1-11表示
  • <
  • 1
  • >
11商品 1-11表示
  • < Prev
  • Next >

ご注意下さい

出荷可能期間8月上旬〜3月下旬

日時指定不可商品となります。
●種用としての販売はしておりません。

上平農園

田子にんにく産地紹介

青森のみならず全国でもにんにくの産地として有名な田子町は、1日の中でも寒暖の差が大きく、にんにくの栽培に適した場所として、昔から栽培が盛んに行われてきました。収量はもとより、にんにくの規格の厳しさも日本一といわれています。

田子町の昼夜の寒暖差がコクと糖度の高いにんにくを育てます

昼夜の寒暖差が糖度をあげる にんにく

 上平農園はにんにくの規格で日本一厳しいといわれる田子町で30年以上にんにく栽培をしてきました。まだ今のように国産にんにくがもてはやされるずっと前から、にんにくと向き合ってきた上平さんにとって『にんにくづくりで大事なことは土づくりなどの基本をおろそかにしない』ということだそうです。

上平農園 にんにく作り 青森県田子町

 基本をおろそかにすると、すぐににんにくの味や品質に違いが出てくるといいます。また、無理な栽培をすると数年で土はだめになってしまい、にんにくも育たなくなってしまうといいます。土づくりには終わりがなく、今でもにんにく栽培のために試行錯誤を繰り返しています。また、農薬を使用しないにんにくづくりも10年ほどになり、通常栽培のにんにくづくりにもその経験を活かし、農薬を極力使用しないような方法を実践しています。

  農薬:特別栽培での技術を生かし、通常栽培指導の規定量の半分に抑えています。
  肥料:化学肥料とたい肥を組み合わせています。


生産者紹介

 左は園主の上平さん。右は息子さん。



上平農園の特別栽培にんにくについて

 上平農園では農薬を使用しない「特別栽培農産物」のにんにくもあります。農薬を使用しないため、雑草などは手作業で一本一本除草しています。また、肥料は化学肥料を使用せず、たい肥を使用しています。
 手間もかかるしリスクもあるけれど、この特別栽培のにんにくを毎年待っているお客様がいるから続けられると上平さんは言います。両方食べ比べたお客様の中には、通常栽培のにんにくと味が違うという理由で、この特別栽培のにんにくを食べ続けているお客様もいるそうです。まだまだ量は限られますが、この栽培で培った技術を生かして通常栽培のにんにくでも農薬や化学肥料を極力使用しない方法を日々勉強しているそうです。

雑草は手作業の無農薬栽培にんにく

青森県認証 特別栽培農産物マーク

「特別栽培農産物」とは
 青森県では、農薬や化学肥料を使わないか、使用量を通常の5割以下に減らして生産した農産物を「特別栽培農産物」として認証しています。上平農園のにんにくは農薬や化学肥料を使わない特別栽培のものになり、県の認証を取得しています。
  農薬:節減対象農薬不使用
  肥料:化学肥料不使用

青森県産にんにくの規格

A品
上平農園 A品にんにく

表皮がきれいで見た目も良いにんにくです。全収穫量の中でもわずかとなります。

B品
上平農園 B品にんにく

1辺だけ大きさが大きかったり
皮も少し茶色がかかっています。
味はA品とは変わりません。

C品
上平農園 C品にんにく

表皮の着色ややぶれ、割れたりしています。
味はA品と変わりありません。

青森県田子町産のにんにくの規格は最も厳しいので、A品はさらにきれいに、B品もきれいで、C品については欠けがありません。どれも同じ畑で育った同じにんにくです。贈答用にもふさわしい、青森県田子町産のにんにくをぜひお試しください。また黒にんにくなどに加工しても、糖度がより高いのでおいしいものができると喜ばれています。

  • amazonpayでのお支払が可能になりました
  • 0178208041

  • ポイント3倍
  • 定期購入